埼玉県吉川市高富のたかせ歯科医院は地域の皆様のお口を守ります

お知らせ

  • HOME »
  • お知らせ

新型コロナウィルスのワクチン接種 2回目

5/16(日)に二回目のワクチン接種をうけてきました。世間では二回目のほうが副反応がひどいとか、いろいろ言われていましたが今回の接種についてお知らせします。

午前9時半ころに会場に到着して受付済ませました。二回目なので問診もすぐに終わり(接種前の段階で担当の先生に少し長くお話を伺いましたが、これはあとでお知らせします〉接種もすぐに終わり30分ほど待機しました。

特に問題ないのでそのまま帰宅しました。そのご5時間くらいしてから左腕に軽い痛みが出始めましたが、前回は触ると痛かったですが今回はごく軽度の痛みでした。その後発熱も倦怠感もなく過ごし、翌日は1回目では上がらなかった腕が普通に上がりました。

翌々日にはかゆみはありましたがまったく普段通りになりました。

ここでその問診をしてくれた先生とのお話を簡単にお知らせいたします。世間では痛み止めはカロナールしか効かずロキソニンはダメという話が出回っていますのでお聞きしたところ、アメリカでロキソニンが承認されていないために解熱鎮痛薬はカロナールしかないそうです。そのためアメリカでの話が日本に入ってきてそのようなうわさになったとのことでした。

また、2回目のほうが副反応がひどいという話も人によってまったく異なるためあまりあてにならない。

ただし若い方は年齢の上の方よりも副反応が強く出やすいことがある、とのことでした。実際私を含め私の周りではひどい副反応が出た方はほとんどいません。前にも書いたように私自身アナフィラキシーショックを起こした経験があるため周りからはさんざん脅かされました。

そのためワクチンを接種受けるのをやめようと思っていましたが、今となっては受けてよかったと思っています。

世間ではことを大きく話して他人を脅かすようなことを言う方がたまにいます。またSNSでワクチンを二回打っても変異株には効かないという情報を流した方もいますがまったくのデマでした。

皆様も、もし心配なら悩んでいるならでプロフェッショナル(医師)に相談してください。

きっと安心なさると思います。自分自身のワクチンの体験ですが、少しでも皆様が不安に思っているならこれを読んで安心してください。

ただしワクチンを打つか打たないか決めるのはご自身の権利ですから私は決してワクチンを打つことは強制しません。

正しい情報からお決めください。

新型コロナウィルスの対策のワクチン接種 1回目

4月25日(日)に新型コロナウィルスのワクチンを接種してきました。

今後はスタッフも順次ワクチンを接種していきますので患者様には安心して診療を受けて頂ける体制が整います。

皆様が心配なさっている接種後の副反応について自分の体験をお知らせいたします。

院長である私は過去にアナフィラキシーショックを経験し。あと5分遅ければ死亡していたということがありました。

原因は食物アレルギィ―(スイカ)でした。そのためワクチンを接種するのはかなり不安がありましたが、ワクチン接種と感染の危険性を考えた時に接種のメリットを取り接種しました。

今回も副反応のことがいろいろ言われていましたので1回目ではありますがお伝えします。

1)当日は午前9時半に接種をしました。筋肉注射なので打つときに多少痛みはありましたが、すぐに終わりました。その後待機室で約30分安静にしていました。左手の指先が多少暖かくなっていましたが、ほかには特になかったので帰宅しました。

2)帰宅して接種後約6時間後くらいに打ったところに痛みが出始めました。触っても結構痛かったです。そこで痛み止め(カロナール)を1錠飲みました。だんだん左手が横に挙げることができなくなってきましたのでシップをはりました。

3)翌日は腕の痛みが増してきたので痛み止めを2錠飲みました。発熱はありませんでしたが、倦怠感は多少ありました。ただし診療は通常通りにできましたがかなり疲れました。

4)翌々日は腕の痛みも全くなく倦怠感もなく通常に戻りました。

異常が私のワクチン接種の経験ですが、3週間後に二回目の接種があります。そちらのほうが副反応が出やすいとのことですからまた自分の経験をお知らせします。

ホワイトニングを再開します

近々にワイトニングを正式に再開いたします。敦基先生が都内の歯科医院で行っているホワイトニングと同じやり方で本格的にホワイトニングを行います。

やり方は 1)オフィス 2)ホーム 3)オフィス+ホーム の3通りです。

1)オフィスホワイトニングとは、診療室で歯科医師または歯科衛生士がお薬を使って行うもので1回約1時間かかります。

 これを大体2回行います。早く白くしたい方にお勧めします。

2)ホームホワイトニングとは、ご自宅で毎日行うもので歯型をとらせていただいてトレーを作りその中に薬液を入れてお口に

  装着していただきます。装着時間はお薬の濃度により異なります。

3)オフィス+ホームホワイトニングとは、上記の1)2)を組み合わせたものでより白く、透明感のある歯になります。

料金は 1)、2)が30,000円 になり3)は60,000円になりますがただいまキャンペーン中で

3)は55,000円になります。

ただし、テトラサイクリンによる着色歯に関しては2回では脱色できませんので個別のご相談となります。

新情報です

昨日の読売新聞に掲載されましたが、東京医科歯科大学の研究では「食道がん」の患者さんから歯周病菌が多量に発見されたそうです。

因果関係は今後明らかになると思いますが、とりあえず報告させていただきます。

最近歯周病菌が体のほかの場所で悪さをするのがどんどんはっきりしてきましたね。

私も今後皆様のお口のを見させてもらう機会を増やしていきます。ご希望の方はお申し出ください。

ごぞんじですか?歯周病は認知症の原因の一つですよ!

皆様ご存知ですか?10/6の朝日新聞に掲載されましたが、歯周病と認知症の関連が初めて明らかにされました。

Td菌が脳に行くとアミロイドβというものが蓄積して認知症になることが九州大学の研究でわかりました。

現在内容を調べていますのでわかり次第詳しくお知らせいたします。

皆さんお口の中の菌を顕微鏡で確認しましょう。

診療日が変わります(敦基先生)

今まで毎日当院で診療をしてきた 副院長の 高瀬 敦基が7月の第2週より金曜日のみの週1回の診療となります。これは数年後に当院を継ぐために最新のより良い治療を学んで皆様に提供するためです。それまでは今まで通りに高瀬 務が診療いたします。大きくなって戻ってくる敦基先生にご期待ください。

お知らせ  当院の新型コロナウィルスの対策について

当院の新型コロナウィルスの対策についておしらせします。

イータックおよび歯科専用のアルコール系洗浄剤の使用

当院では歯科ユニットは患者さんごとに上記で清拭しております。また、待合室では定期的に皆様の座るソファーや手に触れる

所を上記で清拭しております。また、来院時には御面倒でも来院される方にアルコール系の消毒薬で手を消毒していただいて

いますのでご協力お願いいたします。

治療器具について除菌剤とL8020

これは以前からずっと行っていますが、お口の中に入る切削器具等は患者さんごとに滅菌を行っています。これは外来環という

施設基準を取得している歯科医院は当然のことなのでご安心ください。また、入れ歯や仮歯を削るときに削りかすが出たり

浮遊粉塵として大気中に細菌と一緒に漂うことがありますが、当院では移動式のバキュームを使用しており極力皆様がそれら

を吸引しないように心がけています。

「ご来院のみなさまへ」 新型コロナウィルスの対策にご協力をお願いいたします。

風邪やインフルエンザの対策と同じく皆様の咳エチケットや手洗いの実施が重要です。特に手洗いは有効なので普通の石鹸

でもかまいませんので1日何回も洗いましょう。手を洗う前に手で目をこすったり口の中に手を入れるのはやめましょう。

また、常にお口の中を清潔にしておくことも大切です。

もし皆様が席がひどかったり、発熱がある場合は診療をキャンセルしていただきご自宅で静養してください。

それでも悪化する場合は国の指針に従って保健所等にご相談ください。

小さなお子さんがいらっしゃるお母様へ

小さなお子さんがいらっしゃるお母様へ

お子さんを見てもらえないので歯科医院へ来られない方がいらっしゃいませんか?

当院では午前中も、午後も子育てのベテランの助手さんが勤務しており、治療中はお子さんをお預かりしています。

キッズスペースではありませんが、けがや事故のないように拝見しています。ぜひお問い合わせください。

ただし申し訳ありませんが、予約をお願いいたします。

年別アーカイブ

PAGETOP