埼玉県吉川市高富のたかせ歯科医院は地域の皆様のお口を守ります
投稿
  • HOME »
  • 投稿 »
  • 歯並び

タグ : 歯並び

認定医による歯列矯正について

頬杖をつく子ども

子供の矯正治療

成長期である子供の矯正治療は、大人の矯正治療と全く異なります。

体の大きさやかたちが変化するのと同じで上あごと下あごもその変化をとげます。私たち矯正歯科医はその変化を見極めながらその子の上あご、下あごの大きさやかたちを整える必要があります。

乳歯から永久歯への生え変わりが理想に近い状態に仕上がるために上あご、下あごの骨の土台の大きさ、かたち、成長の向きを骨が動きやすいうちに睡眠時間ごとに矯正の器具を使って変えていくのです。

また、悪い歯並びの原因となりうる日常の癖などがあればそれを改善する指導を行います。

大人の矯正治療

大人の矯正治療では主に中学生から高齢者まで、ワイヤーや特殊な装置を使用してすでにはえている歯を動かすことで歯並びを改善します。

出っ歯、受け口、がたがたの歯並びはずっと気にしていると心理的にも影響します。

歯並びががたがたであるとブラッシングが難しいため虫歯だけでなく歯周病のリスクが高くなります。

咬み合わせが安定しないとご自身の歯で美味しく物を食べられないだけでなく、胃や腸に負担がかかり、全身的な病気につながることもあります。

咬み合わせが良いことは結果的に見た目の美しさにもつながります。

海外ではほとんどの方が矯正治療をおこないっているのが現状です。今後日本においても口元の美しさが評価の基準になりつつあります。

当院ではきれいな口元で自信をもって笑顔になれるような歯並びを目指します。

PAGETOP