埼玉県吉川市高富のたかせ歯科医院は地域の皆様のお口を守ります
投稿
  • HOME »
  • 投稿 »
  • 除菌

タグ : 除菌

お薬で治す歯周病

薬で治す新しい歯周病治療

歯周内科治療とは?

簡単に言うと、「お口(歯周病)の除菌治療」です。
除菌方法は、モニターを用いた顕微鏡検査によりお口の細菌の種類や数などを検査し、その細菌に合うお薬や歯磨剤を用いてお口の中をきれいに除菌するので確実です。
歯周病が進行していない場合でも、除菌方法を行うことにより、これからの歯周病が進行しにくくなるため、最適な予防法ともいえます。

歯周内科治療の治療方法

この治療方法には4つの大きなポイントがあります。
【1】位相差顕微鏡による菌の確認
【2】細菌の除去薬剤の内服
【3】カビの除去薬剤あるいはカビとり歯磨き剤での歯磨き
【4】除菌後の歯石とり

特に【1】は、非常に大きなポイントです。位相差顕微鏡でお口の菌を確認しなくてはなりません。
歯周病菌がいるのか、カビが多いのか、あるいは非常にきれいなのか。
位相差顕微鏡で確認しないと、お薬の選択ができないのです。

菌の特定から除菌へ

位相差顕微鏡検査でトレポネーマデンティコーラ(T,d菌)を確認することはできますが、その他の菌の種類や、正確な菌数を知ることは難しいのです。

菌

患者さんの中には位相差顕微鏡検査でT,d菌はほとんど確認できないのに、歯周病の症状を訴える方がいらっしゃいます。その場合、他の検査の結果と総合的に判断し、必要な場合はリアルタイムPCR法をおすすめしています。

リアルタイムPCR法によるDNA診断によって、RedComplexの菌の種類の特定、菌の数を数値化し、確認することができます。菌が特定できることにより、菌に対する内服の薬や抗カビ剤の使用で除菌の処置をすすめていきます。

リアルタイムPCRについて

リアルタイムPCRとは、今まで歯科の業界では解明されていなかった菌の特定、その数をPCR(ポリメラーゼ連鎖反応)を用いた検査方法で測定を行う方法です。

お口の中には約900種類の細菌が住んでいるといわれています。その中で歯周病に関係している細菌の中で一番悪い3菌種をRedComplexといいます。

それは

・トレポネーマデンティコーラ(T,d菌)
・ポルフィロモナスジンジバリス(P,g菌)
・タンネレラフォーサイシア(T,f菌)
です。

RedComplex

3菌種の合計が10000匹以下なら良い状態

ところでRedComplexの数がどのくらいなら良い状態だと思いますか?
その基準値は非常にあいまいですが、一般的には3菌種の合計が10000匹以下なら良い状態であると言われています。
細菌は2~3時間で1回分裂しますので、1匹の細菌は24時間後にはものすごい数になります。
調べるのはお口の中の1本の歯の1箇所ですので、お口の中全体では恐ろしいほどの数になります。
ですから10000匹以下というのは非常に少ないのです。

実際に除菌治療を行い、定期的に管理をしている患者さんの中にはRedComplexがゼロという方も多数いらっしゃいます。

しかし、日常生活を行う上でRedComplexをゼロに保つのは非常に難しいことです。
そのため、歯周病治療において菌数が多くなければ症状はでませんので、毎日の歯磨きや、定期的メンテナンスで検査をして、菌数の管理をすることがとても重要なのです。

PAGETOP