埼玉県吉川市高富のたかせ歯科医院は地域の皆様のお口を守ります
投稿
  • HOME »
  • お母さんへの豆知識

お母さんへの豆知識

歯ブラシの消毒

みなさんは歯みがきをした後の歯ブラシの消毒はどうしていますか?

歯ブラシは毛細管現象によりブラシが汚れを吸い込みますので汚れを毛の間にたくさん付着してしまいます。

また、ハミガキ剤を使用するとその残りも毛の間に残ってしまい、汚れ、細菌などが付着したままになってしまいます。電動歯ブラシを使っている方はブラシの使用期間が長いので汚れが長い間付着したままになります。

できれば毎日、歯ブラシの消毒を行って頂きたいと思います。消毒が無理なら使用後の歯ブラシの毛の部分を根元まで良く洗って乾燥させてください。その後日光に当てるとより良いでしょう。

おすすめは、ムース状(泡状)の入れ歯洗剤で歯ブラシを洗うことです。

院長は毎日写真の洗剤を使って消毒を行っています。

洗剤

歯みがき剤について

皆さんは、歯みがき剤を使っていますか?

歯みがき剤はうがいができるようになってから使ってください。うがいのできない年齢の子供さんには歯みがきをした後に「レノビーゴ」というフッ素スプレーを使ってあげると良いでしょう。これは歯にスプレーするだけでうがいはいりません。

レノビーゴ

うがいができるようになったら使用しますが、使用量は米粒くらいで十分です。その後のうがいは1~2回にして下さい。歯みがき剤の中にもフッ素が入っていますので、たくさんうがいをすると洗い流してしまいます。

歯みがき剤の使用目的はむし歯予防、歯周病予防、知覚過敏予防など、いろいろありますが、実際はこれらの効果はあまり期待しすぎないことが大切です。

結局、プラークコントロールは歯ブラシで除去するのが一番効果的です。

歯みがき剤はそれを助けるものと思って下さい。フッ素は効果がありますが、歯周病予防の目的の歯みがき剤については、細菌による歯周病にかかっている方には一時的な除菌効果しかないものと思われますので、歯周病は歯科医院で治してください。

PAGETOP