10月25日に歯周内科研究会の秋季カンファレンスに出席してきました。

午前中の発表で広島大学の二川教授の発表に大変興味を持ちました。
内容は除菌剤と乳酸菌についてのお話でした。

除菌剤とL8020

Etak(イータック)

1つは除菌剤として初めて知ることができたEtak(イータック)です。これは今までの除菌剤が長持ちがしないのに比べて持続性があり、除菌の対照も広くなっています。

Etakは除菌効果が約1週間持続するとのことです。データも見ましたが、今までのものにない効果が見られますので、当院でもこれから様々な所に使用して検証していきます。

L8020という乳酸菌

もう1つは、L8020という乳酸菌です。これはただ口に入れるだけです。口の中のむし歯や歯周病菌を減らすというものです。

これから当院でもこの乳酸菌を口腔内細菌の改善に取り入れられたら良いと思い、これを検証していきます。これらは両方ともにすでにドラッグストアで販売されています。Etakは入れ歯、マウスガード、歯ブラシの除菌剤としては歯科医院専属になりますが、除菌スプレーは売られています。

乳酸菌L8020はマウスウォッシュ、歯みがき剤として売られています。タブレットは医科医院専属になります。西日本ではヨーグルトが売られていますので早く関東で売られるといいですね。

詳しくは別のページでお知らせしていきます。