皆さんは小臼歯を治療して冠をかぶせる時に3通りの方法があるのを知っていますか?
(1)銀色の冠(FMC)
(2)保険の白い歯[CAD-CAM器、硬質レジン、ジャケット冠(HJC)]
(3)保険外の冠(オールセラミックス冠、メタルボンド)

(1)は今まで普通に入れられていたもので、すべてが銀色の金属で作られています。
(2)は今まではHJCが中心で入れられていましたが、数年で割れてしまうのが多かった冠です。CAD-CAM冠はコンピューターで計測して機械が固まりから削り出して作るので耐久性が向上しています。
(3)はすべてがセラミックスで作られているもの(オールセラミックス冠)やメタルボンド冠(金属のフレームにセラミックスを焼き付けたもの)があります。
耐久性は(1)(3)(2)
審美性は(3)(2)(1)の順です

特に小臼歯は目立ちますので、(2)CAD-CAM冠(3)がおすすめです。
(2)のCAD-CAM冠は耐久性も審美性もかなり向上しているので、当院では、ほとんどの場合、CAD-CAM冠をお入れしていますが、ケースによっては(1)(3)を選択することもあります。また、昨年の12月から下顎第一大臼歯にCAD-CAM冠が保険適応になりましたが、条件がありますので詳しくはお尋ねください。
また、金属アレルギーの方には医師の証明があれば全歯すべてCAD-CAM冠にできます。